smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< タイ株取り扱い証券会社 | main | ユナイッテド証券 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

SEAMICO証券

こんばんは。タイ株入門編の今回は、タイの証券会社についてのご案内です。
前回、タイ株取り扱いの証券会社についてご説明致しましたが、今回はタイ国内の証券会社、SEAMICO証券についてのご案内です。

SEAMICO証券はタイ国内にある証券会社です。そのため入金方法などに手間がかかることがありますが、タイに銀行を開いておくと簡単に取引することができます。また取引手数料が他の証券会社に比べとても割安となっていて、現在私の知る限りでは取引手数料が一番安い証券会社です。また、この会社はSET(タイ証券取引所)に上場していて、お勧めの証券会社の一つです。ただし取引画面が英語になっていますし、ウェブサイトからダウンロードできる証券取引口座申込書も英語とタイ語の表記になっていますので、英語の苦手な方にはタイ株入門には向いていないかもしれません。
タイ株の勉強を始めた当初、私もこちらで口座開設をするつもりでしたが、英語が苦手なため現在口座開設の申し込みをしている最中ですが他の証券会社も検討中。
なんといっても手数料の安さは魅力です。英語ができる方にはお勧め致します。

■SEAMICO証券のサービス内容と特徴■
口座開設料・管理料は無料!
低価格な手数料 約定代金の0.15%(インターネット取引の場合)
インターネット取引の場合には最低手数料50バーツがありません
豊富で充実した投資情報をウエブ&メールで毎日ご提供
個別銘柄やマーケット情報の分析に役立つオンラインツール
個人口座で年利 2.00%

◆口座開設時に必要な書類◆
(1) 個人口座開設申込書
(2) 証券仲介同意書
(3) 署名カード2枚
(4) パスポートコピー署名入り
(5) 保有する銀行預金通帳の写し
(6) 配偶者のパスポートコピー署名入り
(1)・(2)・(3)につきましてはSAEMICO証券のウェブサイトからダウンロードできます。

証券取引口座の種類

現物取引 (Cash Balance Basis)

現物取引で運用できる金額の上限はSEAMICO口座の預り金残高までです。預り金残高はインターネット取引のBuy Limitとして表示されます。口座へご入金が確認されるまでお取引はできません。また、最低お預り金の制限は設けていません。

信用取引 (Credit Line Basis)

お客様の資産、所有預金残高を確認して、SEAMICO証券が信用制限残高を設定します。信用制限残高はインターネット取引のBuying Limitとして表示されます。約定した取引の決済後3営業日目に、あらかじめご登録いただいたお客様の銀行口座から自動引落で決済されます。万一、決済が不能な場合には規定に定めた手数料と遅滞利息が課されます。

手数料
インターネット取引  約定代金の0.15%  最低手数料なし
コールセンター取引  約定代金の0.25% 最低手数料50バーツ

SEAMICO証券日本語版ホームページより引用

SEAMICO証券日本語版ホームページはこちら
http://www.seamico.com/eng/ProductServices/download_jap_language.asp
SEAMICO証券への入金方法、出金方法、インターネット取引での売買方法など詳しい説明が日本語でされています。

SEAMICO証券では、上場全銘柄が取引可能です。

タイ国外からの電話番号  +66(タイの国番号)-2695-5559
タイ国内からの電話番号      0-2695-5559
SEAMICO SECURITIES PUBLIC COMPANY LIMITED

私がタイ株について色々調べていた時に、タイ株について書かれているブログやウェブサイトで、SAEMICO証券には月・水・金曜日に日本人スタッフが対応してくれるという事が書かれていましたが、2007年6月初旬に直接電話で聞いたところ、現在は月・木曜日の週2日、午後のみの対応となっているようです。

今日現在、SEAMICO証券で日本語の対応をしてくれるのは武光さんという方お一人だけで、武光さんがいらっしゃらない場合はタイ人スタッフによる英語かタイ語の対応になります。
武光さんのダイレクトラインは、+66-2695-5083となっていますが、電話をかけると最初はタイ人スタッフが電話に出る事が多いです。

問い合わせした時のやり取りはこんな感じでした。
5月28日(月) 申し込み書類の書き方について武光氏にTEL
タイ人らしき女性が英語で対応。武光氏は不在ということでした。

5月29日(火) 再び武光氏にTEL 不在
またタイ人らしき女性が対応。英語の苦手な私ですが、彼女の話によると、木曜日が出勤日だけど今週木曜はタイの祝日なので次回は来週月曜日に来るということでした。
タイ株関係のウェブサイトで、月・水・金曜日に居るという情報だったので、金曜日には来ないのか聞いたところ、金曜日は居ないと言っていました。

6月1日(金) 自分の英語力に自信の無い私は、ウェブサイトでは月・水・金曜日に居るという情報だったし、電話では聞き間違えをしているかもしれないと思い、一応TELを入れてみる。すると先日聞いた通り来週月曜の午後まで来ないとの事。
やっぱり居ないか・・・と思いつつも、来週月曜日まで連絡が取れないのは困るな。祝日などが絡みタイミング的に悪かったんだろうけど、ちょっとした問い合わせでもスムーズに行かないのはこの先の不安を感じました。

6月4日(月) 今度こそはとSEAMICO証券にTEL
多分いつも電話に出る女性だと思いますが、英語で対応。
『ミスター武光・・ カスタマー・・ ビジー アフター17ミニッツ・・』 という言葉が理解できたので、今は接客中で忙しいので17分後(?)に電話して下さい ということだと解釈しておよそ40分後にTEL 受話器越しに男性の声で『もしもし』という日本語が聞こえた時には何だかホットした気持ちになりました。
質問事項を色々聞いた後、武光さん以外日本人のスタッフの方はいらっしゃらないのですか?ウェブなどで月・水・金曜日に出勤と聞いていたのですが違うのですか?と質問したところ、ブログなどで色々書かれているようですが、月・木曜日の午後のみでその情報は間違っているとの回答でした。
武光氏自身は質問に対しとても感じの良い対応をしてくれました。

上記は英語が苦手な私が実際に電話で問い合わせをした時の様子で、英語の得意な方なら問題なく話は進んでいると思います。また電話での滝光氏は感じも良く好感が持てたのですが、私としては週2日(タイの祝日が絡めば週1日)のみの日本語対応は厳しく感じた事は事実です。手数料の安さはNO.1でタイ語・英語の得意な方、週2日でも日本語の対応ができれば良いという方には断然お勧めの証券会社ですが、私のような語学力の無い方には向かないかもしれないですね。
興味のある方はサイトにアクセスしてみて下さい。 http://www.seamico.com/eng/home.asp
サイト右側の辺りに日の丸マークと日文という文字がありますのでそちらをクリックすると日本語のページに入れます。

at 23:31, kazz, ゥ織い両攘会社

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 23:31, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://thai-stock.jugem.jp/trackback/8