smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 心配事が一つ解決!でも・・・ | main | 日経平均大幅下落!!SETは小幅な続落ながら800を割り込む >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

タイのフルーツと来週の株式市場は波乱の予感!!

SET指数(情報提供ユナイテッド証券

本日のSET市場動向

SET指数 801.46 前日比-8.36(-1.03%) 高値812.50 安値798.20

売買代金(百万バーツ)15,748.641 出来高(千株)1,699,721

値上銘柄数77 変わらず123 値下銘柄数240

売買代金上位銘柄 PTT 7,520,200 現在値312.00(前日比-2.00) TOP 17,691,500 同78.50(同-2.00) TTA 18,302,200 同51.50(-2.00)

まずはタイを含む東南アジア株式市場の本日の動きをロイターのレポートから一部抜粋してお届けします。

東南アジア株式=大半が堅調、シンガポール株は5週間半ぶり高値

[シンガポール 7日 ロイター] 週末7日の東南アジア株式市場は大半が上昇した。シンガポール株はUOBバンクの値上がりに押し上げられ、約5週間半ぶりの高値をつけた。またクアラルンプール市場は法人税率引き下げのニュースに支えられた。
シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.66%高で終了。終値ベースで7月31日以来の高値となる。

クアラルンプール市場(KLSE)は0.47%上昇し、約1カ月ぶりの高値。ジャカルタ市場(JKSE)は0.86%高。マニラ市場(PSI)は0.19%高。ベトナムのホーチミン市場(VNI)は0.62%高。

バンコク市場(SET)は上昇トレンドに逆行し、1.03%安。

マニラ市場では、金相場が1年4カ月ぶり高値近辺で推移する中、鉱業株が急伸。フィレックス・マイニング(PX.PS)は12.7%高、レパント・コンソリデーテッド・マイニング(LC.PS)は3.9%高。レパントの関連会社、マニラ・マイニング(MA.PS)は13%急伸した。


確か先週も同じ事があったのですが、SETは東南アジアの近隣国の上昇トレンドに逆行することがありますね。
一時は800ポイントを割り込み、なんとか終値で800台はキープしました。
来週再び800台を割り込む可能性もありそうです。

以前よりは落ち着いてきていて1バーツ3.3〜3.5円で推移していますが、3.2円位になって欲しいものです。

タイバーツレートはこちら


今週は東京市場の下げがきつく、本日も一時200円を超える下げる場面がありました。
終値でも16122.16円となり16200円を割り込んでいます。
本日の東南アジア市場はタイ株式市場を除いて堅調でしたが、本日この記事を書いている時間帯に欧州市場が軒並み大きく下落し始めています。
これは日本時間の深夜に発表された米国の雇用統計が予想以上に弱かった事を受けてのようで、寄り付きの米国株式市場も大幅な下落から始まっています。

このまま米国の株安が進むとリスク回避の動きから円高が進みますので、来週の東京株式市場はハイテク・輸出関連の株が売られてさらに下落が進む可能性が高いですね。
今週、東京株式市場が下落しても影響が少なかったタイのSETも、さすがに米国市場の影響は避けられないと思いますので、来週は波乱の予感がしています。

見方によっては買い時なのかもしれませんが、市場があまりにも不安定すぎて手を出しづらい状況です。


今週月曜日(3日)以降newsclip.beの経済ニュースが更新されていないので目新しいタイの経済ニュースが無いのですが、先日お伝えした石炭発電所計画が撤回されたようです。

タイ東部の石炭発電所計画、住民反対で撤回newsclip.beより

【タイ】タイ国営石油会社PTT傘下の石油化学大手IRPCは6日、タイ政府が10月に実施する独立発電プログラム(IPP)の入札参加を見送ると発表した。東部ラヨン県での石炭火力発電所計画を提案する予定だったが、建設反対派の地元住民数千人が3―5日にかけ、同社工場前の主要道路を封鎖するなどしたことから、計画強行は困難と判断した。
タイでは北部ラムパン県メーモの大型石炭発電所が深刻な大気汚染を引き起こしたことで、石炭発電所への拒否感が強い。ラヨンは石油化学プラントが集中し、すでに環境汚染が大きな問題となっている。


一方では肉の価格が上昇しているようです。

大手食品メーカー、肉価格上昇で売り上げ好調バンコク週報より

国内最大手の食品メーカーCPフーズが、肉価格の上昇などを受け今年下半期も順調な売り上げとなる見通しを明らかにした。畜産農家間で価格調整が行われた影響で鶏肉は1キロあたり20バーツだったものが35バーツ以上に、豚肉は30バーツから46バーツ以上に値上げされたほか、トルコ、インドなど海外部門でも業績が伸びている。


また、タイ産の果物の促進のために9月11日まで空港で無料配布も行われるようです。

空港でタイ産果物の促進キャンペーンバンコク週報より

スワンナプーム空港で、タイ産果物の促進キャンペーン「エクスペリエンス・タイテイスト・イン・タイフルーツ」がスタートした。同空港では、マンゴスチン、ランブータン、ロンガンなど、20トン以上にのぼるタイ産果物が9月 11日まで空港利用者に無料で配られる。同空港のシリラット・ダイレクターは「現在、価格が下落傾向にあるタイ産果物の魅力を同キャンペーンを通して、外国人旅行者にアピールしたい」と述べた。


南国タイの果物は安くて美味しい物が多いですよ。中には見た目がややグロテスクな物もありますが、中身は果肉がジューシーで冷やして食べるとおいしいので私もタイではよく食べています。


ランブータンはマレー語で毛の生えた物という意味で(タイ語ではンゴ)、その通り見た目は毛むくじゃらで小ぶりの赤いうにのような形をしていますが、中身は半透明の白い果肉で甘みのある果物、マンゴスチンは以前ロッテからガムが出ていたのでご記憶の方も多いと思いますが、甘酸っぱい味で、果肉は真っ白です。ロンガンはタイ北部の特産物でライチの皮が白くなったような果物で果肉は白い半透明、味もライチに似ています。タイではラムヤイと呼ばれていて、私の妻の家の庭にも木がたくさんありますし、コメントを頂いているmeseyanさんが今度行かれる予定のサンパサック村のという所で日本人の方も果樹園を営んでいらしゃるようです。

日本でも手に入る物や、検疫上冷凍でないと手に入らない物がありますが、タイに行かれた際には是非味わってみてください。
空港内で買うといい値段になっていますが、地元のタイ人が行くような市場ですとキロ20〜40バーツと格安で味わう事ができます。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ



相場師ブログランキング





at 23:47, kazz, 世界市場の動向

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 23:47, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://thai-stock.jugem.jp/trackback/62