smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< アジア市場が軒並み反発!! | main | 市場の流れが悪いのでビールでも飲んでスッキリしたいですね!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

2日ぶりの更新です!!

2日ぶりの更新になってしまいました。
まずは23日のSET指数から。



23日の株価、7.07ポイント上昇バンコク週報より

8月23日のSET(タイ証券取引所)は、平均株価が上昇した。SET指数は前日比7.07ポイント高の791.50。売買代金は前日の142億バーツを60億バーツ上回る202億バーツ。機関別売買では外国人投資家が16億バーツの買い越し。国内投資家が24億バーツの売り越し。機関投資家が8億バーツの買い越し。

売買代金が最も多かったのは、PTTで17億バーツ。その後に、トレセン・タイ・エージェンシーズ、PTTエクスプロレーション&プロダクションと続いた。売買代金が10億バーツを上回ったのはPTTのみだった。

売買高トップはカル・コンプ・エレクトロニクス(ワラント1付き)で1億2000万株。その後に、KGI証券(タイランド)、MDXと続いた。売買高が1億株を上回ったのは前記にEMCを含めた上位4社だった。


23日のアジア市場はムンバイ(インド)、マニラ(フィリピン)以外の市場は上昇!SET(タイ)市場も7.07ポイント続伸。800ポイントに迫る展開でした。

昨日は大方の予想通り日銀が現行の金融政策維持決定を発表したこととNYダウの株高、円安を好感して東京市場は大幅高でした

続いて本日24日のSET指数です。

SET指数(情報提供ユナイテッド証券

市場動向

SET指数 790.72 −0.78 −0.10% 高値791.55 安値783.70
売買代金(百万バーツ)9,947.482 出来高(千株)1,984,700
値上銘柄数156 変わらず132 値下銘柄数173
売買代金上位銘柄
S2Y 423,611,300 1.79(前日比+0.29) PTT 2,381,000 290.00(同−2.00) BAY-W1 39,860,400 14.10(同+0.80)  


本日は寄り付きは昨日の上昇分をそのまま戻すような下落から始まりましたが、その後回復して大引けには小幅な反落で終了しています。
アジア市場全体では上昇・下落が半々、香港市場は5日ぶりに反落しましたが、上海・深センは5営業日連続で続伸、最高値を更新しました。

ロイターの報道によると、回復してきた株価と再び進行してきている円安を背景に閉鎖していたファンドが再開するそうです。
米サブプライムローン問題の再燃・株価の低迷が進行すれば円高、損失計上ファンドの運用再開や株価上昇など収束方向なら円売りで反応する流れが続く見通しで、引き続き為替の乱高下も起こり得るという来週の予想を立てています。
米サブプライムローン問題から始まった信用収縮の回復、市場の安定にはまだ時間がかかるということでしょう。

本日は日経平均が小幅ながら反落、アジア市場は上昇・下落が半々。この記事を書いている時間帯で欧州市場は上がったり下がったりの展開。米NYダウは反発しています。
このまま欧米市場が上昇して終了するようなら新たな問題が発表されない限り週明けの東京市場は反発して始まりそうです。
そうなればSETも800ポイントを超える展開になりそうですね。

最後にアジアのデトロイトと言われているタイのニュースです。

1〜7月の完成車輸出台数、好調を維持
バンコク週報より

タイ工業連盟(FTI)によると、今年1〜7月のタイの完成車輸出台数は前年同期比19.45%増の36万3315台。金額ベースでは同17.45%増の1592億1000万バーツとなり、バーツ高にもかかわらず、好調を維持したことが明らかとなった。FTI自動車産業部会は「豪州、中東への輸出台数が増加したことが主な理由」と説明している。

株価が好調になるのは良いのですがバーツ高になるのは困ると思っているkazzでした。

タイバーツレートはこちら


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ



相場師ブログランキング

at 23:54, kazz, 世界市場の動向

comments(8), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 23:54, スポンサードリンク, -

-, -

comment
mese-yarn, 2007/08/27 7:12 AM

バーツ高
輸出企業が主ですからね
あとkazzさんも困られますね
私が少しだけかかわってるのは
サンパサック村というところです

kazz, 2007/08/28 8:49 PM

こんばんわ。
1ヶ月前に比べれば3.3〜3.5円と落着いてきましたが、まだ高いと思っています。

サンパサック村ですか?
まだ行った事が無いのですが、日本人の年配の方が果樹園を営んでいるようなので一度お会いしにいこうと思っている所です。

meseyan, 2007/08/28 9:20 PM

名前もとに戻しました
はい その方です

kazz, 2007/08/30 7:26 AM

そうなんですか?! 世の中狭いなと思いましたがやはりパヤオには日本人が少ないのでしょうね。以前ネットでタイについて色々調べていた時にその方のウェブサイトを見つけました。私の妻の家にも果樹園とはいえない規模ですがラムヤイ(竜眼)の木がありまして興味を持ちました。今年はかなり暑いらしいですね。今月の初旬には収穫があるので忙しいと言っていました。普段は仕事が無いので私の仕送りで細々と暮らしていますので妻にとっては収入が得られる時期で近隣の農家の収穫物も買い取って加工品にする場所まで車で運んで手間賃を稼ぐらしいです

meseyan, 2007/08/30 5:59 PM

ふむふむ
私は今回訪ねようとしたのですが
なんせ初めてのタイでして断念

今年中にチェンマイへ向けて
でかけようと思います

タイの農業事情が知りたいのです

kazz, 2007/08/31 9:45 PM

タイの農業事情に興味がおありなんですね。

私もそれ程詳しくないのですが、米作は全国的にやっているとは思います。
タイはどこでも暑いことは変わらないですが、南部と北部では作っている物も違っていますよ。
例えば南部ではゴムやココナッツが多いはずですが、北部では日本では馴染みのないラムヤイという果実(中国名は竜眼)が多く見られます。
ここ数年はドラゴンフルーツを栽培している農家も出てきていますね。

日本の物とは品種が違うと思いますが、みかんも一年中あります。

チェンマイに他の目的があるのならチェンマイからも行けますが、サンパサック村に行くのならチェンライ国際空港からの方が近いですよ。

チェンマイからだと山越えがあって距離もあります。

チェンマイは北部では一番の都会で、バンコクほど湿度は高くないので行く時期のにもよりますが朝は肌寒い時もありますよ。

meseyan, 2007/09/01 6:19 PM

ありがとうございました
チェンライのほうがよさそう
ですね
助かりました

kazz, 2007/09/07 12:50 AM

成田や名古屋から行くのでしたら午前便で行けば現地時間の夕方にバンコクに着いて、国内線の乗り換えに3時間以上待たされると思いますが、空港内でぶらぶら時間を潰して、21時頃にはチェンライ国際空港に到着します。
当日は近くのホテルに宿泊でしょうか?
ネットで探せばピンからキリまでありますよ。










trackback
url:http://thai-stock.jugem.jp/trackback/53
初心者のための FX成功法則、ついに解禁。, 2007/08/25 9:06 AM

あなたは、まだ上がるのに、もうだめだと思っていないでしょうか?あなたは、もうこれ以上上がらないのに、もっと上がれ〜と、念じていないでしょうか?実は、ある条件が合わさったとき、必ず相場が予測できるポイントがあったのです・・・