smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ウォータービジネス | main | 世界的な株安 SET指数も大幅下落!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

ウォータービジネス

  SET指数(情報提供ユナイテッド証券)

本日のSET指数は前日比+0.51 884.16と数字上は小幅な値動となっていますが、取引開始後に一気に10ポイント以上の上昇!午前中は890付近で推移していましたが、午後に入って一気に10ポイント以上の下げに転じて、最終的には前日の水準まで戻したところで取引を終了しています。
本日だけでも20ポイント近くの上げ下げとなっているので、チャートの動きにも注意を払った方が良さそうです。


財務相、バーツ高抑制政策には限界バンコク週報より

チャロンポップ財務相は、「バーツ高抑制への介入には莫大な資金投入が必要であり、こうした政策が常に効果的とは限らないことを国民は理解すべきだ」と述べた。バーツ高は今年だけで7パーセント近く進んでおり、最近ではタイ中央銀行の施策に非難が集中。トレーダーらはここ数か月間行われた政府介入策について、「バーツ高に歯止めをかけるには額が小さすぎる」と指摘している。


今日も夕方の時間には1バーツ3.6円前後だったのですが、夜になってから見てみると4円前後になっていました。
政府介入のバーツ高対策も現状ではあまり効果が期待出来なさそうですね。

タイバーツレート

昨日お話した『ウォータービジネス』の続きですが、水は私たち人間が生きていく上で必要不可欠な物ですよね。現在ではまだそれ程大きな問題として取り上げられていませんが、近い将来石油に代わって水の争奪戦が起こるということが予想されているようです。
アマゾンで調べたら関連本として『ウォーター・マネー』という本も出版されていてサブタイトルが石油から水へ世界覇権戦争となっています。
世界的な森林伐採や中国などで見られる砂漠化現象が原因らしいのですが、この先飲み水が不足して水の争奪戦が起こるということらしいです。
今どき水道水を飲む人は少なくなりましたが、日本は水道から出る水を飲むことが出来ます。しかし世界的に見ると水道水と飲み水は別の物と考えられている国が多いことも事実です。タイもバンコクなどでは水道から出る水は洗濯・洗い物・トイレやシャワーで使用しますが、飲み水は別に用意してあります。私は初めて訪れた外国がタイだったので、水道の水を飲んではいけないと言われたときに『なんで??』と思ってしまいましたが後で理由を聞いて納得しました。日本では上下水道が整備されていて料理や飲料水にも利用されています。でも海外では水道から出る水は飲み水として適していないことが多いということでした。現在40代の私は、子供の頃には運動時間の後などに学校の水道水をガブガブ飲んでいたので水道から出る水は当たり前のように飲めるものだと思っていたのですが、日本の常識が世界では通用しないことを痛感した出来事でした。

私たちはいつから水を買うようになったのでしょうか?
私の子供の頃は水は水道から出る物で買うという感覚は全くありませんでした。
『ひねるとジャー』という言葉もあって水は蛇口をひねると出てくる物で、お金を払って買う物では無かったんです。買う飲料水と言えばコーラやジュースのような飲み物で、麦茶なら夏場に家庭で作るのが当たり前。そんな時代だったのですが、いつの間にかコンビニで水を買うようになっています。
たまたま観たテレビ番組でふとそんなことを考えて改めて水の大切さを実感しました。
近い将来必ず起こるであろう石油に代わる水の覇権争い。
環境問題・地球温暖化による異常気象がニュースでも取りざたされていますが、こんな身近な物にも近い将来危惧する時が来るのかと不安になったKAZZでした。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ



人気ブログランキング


相場師ブログランキング

at 23:12, kazz, 余談ですが・・・

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 23:12, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://thai-stock.jugem.jp/trackback/34