smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ユナイテッド証券の口座開設がほぼ完了!! | main | タイのメイド喫茶が摘発! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

上場企業のシンボル・業務内容を知る

 SET指数(情報提供アジアンバリュー)

■18日の株価、7.35ポイント下落■ バンコク週報より

7月18日のSET(タイ証券取引所)は、平均株価が下落した。SET指数は前日比7.35ポイント安の849.56。売買代金は前日の235億バーツを11億バーツ上回る246億バーツ。機関別売買では外国人投資家が2億バーツの売り越し。国内投資家が3億バーツの買い越し。機関投資家が9000万バーツの売り越し。

売買代金が最も多かったのは、PTTで12億バーツ。その後に、アロマティックス(タイランド)、ラヨン・レフィナリーと続いた。売買代金が10億バーツを上回ったのは上位2社だった。

売買高トップはナチュラル・パークで4億株。その後に、ジャスミン・インターナショナル(ワラント2付き)、バンコク・ランド(ワラント1付き)と続いた。売買高が1億株を上回ったのは前記にアドキンソン証券、KGI証券(タイランド)、クオリティ・ハウス(ワラント4付き)、バンコク・ランド、EMC、タイ・ジャーマン・プロダクト、クリスダマハナコンを含めた上位10社だった。


いつもお伝えしているように現在のバーツ高はタイの政府にとっても早急に対策をしなければならない大きな問題となっています。

■元副首相、中銀のバーツ高対策に「なまぬるい」■バンコク週報より

タイ中央銀行がバーツ高昂進を抑える新たな措置を発表したばかりであるが、経済専門家の間からは、「中銀は現在の通貨管理戦略、バーツ高対策を再考すべきだ」との意見が出ている。ウィラポン元副首相は、「中銀はバーツ高昂進に歯止めをかけるため、より効果的な措置を講ずるべきだ。バーツ高で輸出業は危機に瀕しているが、このままでは製造業、ひいては農業にまで影響が拡大することになる」と警告した。

■バーツ高対策、個人のドル口座解禁か■newsclip.beより

タイのコーシット副首相兼工業相は19日、バーツ高について、チャローンポップ財務相、タリサー・タイ中央銀行総裁らと協議し、個人のドル預金口座解禁などを含む対策案をまとめた。20日にスラユット首相と話し合い、来週24日の閣議で承認する予定。
ドル預金口座は当初、上限10万ドルになる見通し。タイでは現在、タイ人個人のドル預金口座開設は認められていない。
バンコク外国為替市場のバーツ相場は6月が1ドル=平均34.6バーツだったが、タイ株に連動し6月後半から急騰し、先週から今週にかけ、一時1ドル=33.2バーツまで上昇した。19日午前は33.47―33.53バーツで推移した。

政府の対策がバーツ高抑制につながることを期待するしかないですね。


さて、以前タイ株の銘柄選びの参考に書籍をご紹介しましたが、今回はネットで調べる方法をいくつかご紹介します。

私がいつも参考にさせて頂いているタイ株ポータル&海外投資SNSのウェブサイトのタイ株の会社情報のページでは業種別に分類されていて、現在掲載されている企業数は少ないですが、少しずつ増やしてくれていますので、シンボル(銘柄コード)や何をしている会社なのかを知るのに役に立ちますし、基本情報やタイのニュースのリンクなど参考になる事がたくさん掲載されていますので一度訪問してみてはいかがでしょう。

タイ株総合情報サイトでも業種別けされていて掲載数は多いのですが、会社名とシンボルは知ることが出来るのですが、情報が少ないのが残念です。

最後にご紹介するのがアジア株(KABU)です。
こちらのサイトは基本情報やタイ株についても詳しく解説されていますし、メニューの個別企業(複数)から業種別で会社名やシンボル、企業によっては詳しい情報も掲載されていますので参考になると思います。

at 23:52, kazz, タイ株の銘柄を調べる

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 23:52, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://thai-stock.jugem.jp/trackback/28