smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< EMS国際スピード郵便 | main | 実態以上に高くなっている株価 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

上場企業のシンボル・業務内容を知る

SET指数(情報提供アジアンバリュー)

暫く上昇を続けていたSET指数も本日は下げに転じました。取引開始後一時860を超える場面も見られましたが、午後からは下げ基調で推移し、終値は846.28 前日比-12.17で取引を終了しています。

タイバーツは相変わらずの高いレートで推移しています。

11日のバンコク外為市場、1ドル=33.19バーツnewsclip.be

バンコク外国為替市場のバーツ相場は11日午前9時で1ドル=33.19バーツ、11時30分で33.2バーツだった。10日は午後5時時点で1ドル=33.47―33.48バーツ。

こんな影響も出ています。

バーツ高が輸出成長にブレーキバンコク週報

タイ商工会議所大学・国際貿易研究センターのアート所長によれば、今年第2四半期は輸出が19.69%と大きな伸びを見せたが、第3四半期はバーツ高昂進と原油価格上昇による伸び悩みが予測されるという。同センターでは、今年の輸出成長率が12.1%程度にとどまるものと見込んでいる。また、第3四半期については、昨年同期比9.1%増と、伸び率が低下するとみている。

輸出による収益が成長を促進してきたタイの経済・産業にとっても現在のバーツ高は足かせになりそうですし、日本と同様原油の輸入依存度の高いタイにとって、原油価格の上昇も大きな問題です。
現在好調な伸びを見せている株式市場にも、今後の不安の要素になりそうです。

昨日書き込みしましたクロネコ国際メール便ですが、本日昼間に問い合わせたところ、カタログ・パンフレットならOKですが、個人情報が記載されているような書類は扱えないそうです。書いてしまった後に調べたので『ちゃんと調べてからにすればよかった』と後悔しています。
無くなっては困るような書類を送る場合は、国際宅急便になるそうですが、こちらではA4サイズで1600円もかかってしまうので、EMSの方がはるかにお得でした。EMSは全国の郵便局で取り扱っています。国際郵便をご利用になる場合は参考になさって下さい。

口座開設にもう少し時間が掛かるので私がタイ株投資を始められるのは少し先の事ですが、そろそろタイ株の銘柄について知って行きたいと思っています。
投資を始めるのにシンボル(銘柄コード)・業種や業務内容・現在の株価など、知っておかなければならないのは日本の株に投資するときと同じです。
日本の企業の情報は現在はネットなどで比較的知ることが出来ますし、株価の検索もヤフーや各証券会社のウェブサイトで企業名や4桁の銘柄コードで調べることが出来ますが、タイの企業の株価を調べるにはその会社のシンボルを知る必要があります。
例えば、タイの大手通信会社アドバンスド・インフォ・サービスの場合ADVANC、タイ国内の大手銀行バンコクバンクはBBLとなっていて日本人の私たちにはちょっとわかりづらくなっています。
このシンボルさえわかれば、タイ証券取引所(SET)のウェブサイトで当日の株価が調べることができます。

タイ企業のシンボルを知るには現状いくつかの方法を調べてありますが、それは今後詳しくお知らせするとして、今回は私がタイ株を購入するときの資料にするつもりで購入した書籍がありますのでそちらを紹介させていただきます。

当ブログの左スペースにも紹介していますパンローリング社から出版の『タイ株投資完全マニュアル 企業情報編・特選41銘柄』(石田和靖・阿部俊之著)
こちらには両氏が厳選したタイの各分野の企業41社のSETコード・企業データ・概要・事業活動・長所と短所・今後の見通しや2007年1月辺りまでの過去3年ほどのチャート表が掲載されていてとても参考になります。

41銘柄が少ないかどうかはそれぞれ意見はあると思いますが、税込み1890円という値段と投資マニュアル本として考えればタイ株入門実践編としては良い参考書になると私は考えています。この中で紹介されている企業は大手優良企業が殆どですが、私が気になっている企業が何社か掲載されていたので最初に購入する株はこの中から選んでみるつもりです。

at 23:38, kazz, タイ株の銘柄を調べる

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 23:38, スポンサードリンク, -

-, -

comment
, 2007/07/12 9:53 PM

muchoです。タイの株式は現在高すぎますね。SETのサイトでSET100銘柄の企業の株価指標を昨日、今日と見ていたのですが、日本市場と余り変わりませんね。CP7-11等はPER33.7倍、PBR5.1倍です。買う人の気が知れません。私はタイ株はPER10倍以下の銘柄がごろごろしているのかと思っていました。ただ、配当利回りは3〜5%のところは結構ありましたが・・・。でも5%の配当をバーツでもらうんだったらJ-REITの最近下落している銘柄を買った方がよっぽど安全確実ですね。タイに投資するきっかけを見失った感じです。KAZZさんがどこに投資するか興味深々です。kazzさんは日本株の投資は何年くらい経験されているのでしょうか?

kazz, 2007/07/13 4:11 AM

こんばんは。いつもありがとうございます。
muchoさんの方が全然先輩投資家ですよ。私は本当に最近までPERやPBRの意味さえわからなかったというか、知る気も無かった位です。今年の5月になってからタイの株が日本人でも、日本に居ても購入できることを知ってから勉強を始めた小僧っ子です。年齢的にもバブルを経験していますので、当時に少し買っていましたが、殆ど恩恵も受けずにバブルが弾けてしまったんです。80万位で購入したNTT株が一時300万になったりしていましたが、当時20代の私にはそんな株を購入することは出来ませんでした。株のことも良く知らずに週間現代などに載っていた推奨銘柄を1000株とかで購入していたくらいですから。リクルート問題の時に急激に株価が下がって、当時余裕の資金の無かった私は、お金があれば今買っておけば必ず戻してくるとは思っていましたが、それが出来ずに残念な思いをした記憶があります。muchoさんに逆に色々指導して欲しいくらいです。プロフィールにも書いてあるように本当に初心者ですよ。
このブログを書き始めてからの株価上昇と、去年から続くバーツ高には正直困惑しています。私の最終目標はタイで生活することです。出来れば来年にもそうしたいのですが、なかなか難しそうです。仰るように現状は株価も高くバーツも高いので手を出しづらいのですが、年内に1000ポイントを超えそうな勢いですので乗り遅れたくないという気持ちもあって少々複雑な思いです。ブログを始めたのは、今までと違って本気で勉強するために自分自身に勉強させるためと、同じ様な思いをしている方がきっと居るだろうと思い、少しでも参考になってくれれば良いという思いから始めました。ネットに関しても、検索は出来ますが、HTMLタグなども最近やっと少しわかった程度で、書き始めた時にはリンクコードの張り方も知らなかったんですよ。










trackback
url:http://thai-stock.jugem.jp/trackback/22