smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< タイ PTTEP、中国海洋石油総公司と共同でガス田開発 | main | マーケティングやセールス企業はタイ経済を楽観視 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

SETは小幅続伸も日経平均は550円超の大幅上昇!!


SET指数(情報提供ユナイテッド証券

本日のSET市場動向

SET指数 832.11 前日比+2.70(+0.33%) 高値844.83 安値829.52

売買代金(百万バーツ)29,646.353 出来高(千株)3,579,088

値上銘柄数148 変わらず137 値下銘柄数158

売買代金上位銘柄 売買代金(千バーツ)
PTT 3,047,492 現在値332.00(前日比+2.00) 
PTTAR 2,104,872 現在値39.25(前日比+0.50)
TTA   1,938,532 現在値47.25(前日比+2.75)

出来高上位銘柄 出来高(株)
QH-W4 322,818,600 現在値1.05(前日比+0.08)
N-PARK 162,912,500 現在値0.29(前日比0.00)
DE-W1 152,675,200 現在値0.42(前日比+0.07)


ここからはロイターのレポートから
タイ・ホットストック=娯楽・ホテルなど高い

[バンコク 14日 ロイター] 14日午前のバンコク株式市場の株価は上伸、SET指数.SETIは0443GMT時点で1.39%高の840.98で推移している。

 以下の銘柄が注目されている。

◎1月のタイ消費者信頼感指数が3カ月連続で上昇したことを受け、娯楽・ホテル銘柄が値を上げた。

メジャー・シネプレックスMAJO.BKが0.5%高。マイナー・インターナショナルMINT.BKは1.27%高、セントラル・パッタナCPN.BKは1.83%高。

◎産業用地開発最大手のアマタAMAT.BKは1.2%高。2008年上半期に、ベトナムで子会社を上場する方針を発表したことが好感された。

◎0446GMT時点で炭鉱大手バンプBANP.BKが1.69%高。一時484バーツの最高値をつけた。第4・四半期純利益が増加するとの期待感が浮上した。

◎携帯電話販売のMリンク・アジアMLIN.BKは1.49%安。大口株主が7000万株をまとめて、Mキャピタル・ホールディングスに1株1.61バーツで売却していたことを発表、これが嫌気された。

◎ベネズエラが米エクソンへの原油供給を停止することを決定、石油相場CLc1が上昇したことで、石油銘柄.SETENも上昇した。0447GMT時点でPTTPTT.BKは2.4%高、PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクションPTTE.BKは2.65%高。PTTアロマティクス・アンド・リファイニングPTTAR.BKは2.58%高。


東南アジア株式=おおむね上昇、金融株が高い(一部抜粋)

[シンガポール 14日 ロイター] 14日の東南アジア株式市場は、金融株を中心に買いが集まり、おおむね上昇した。シンガポール市場は3.26%上昇。1営業日当たりの上げ率として過去約3週間で最も大きかった。

シンガポール市場.FTSTIでは、シンガポール取引所(SGX)が6.2%、UOBバンクは3.8%それぞれ値上がりした。

クアラルンプール市場.KLSEは0.91%、ジャカルタ市場.JKSEは2.48%、ベトナム市場.VNIは0.68%それぞれ上昇した。バンコク市場.SETIは0945GMT時点で0.33%高。

一方、マニラ市場.PSIは0.36%安。不動産デベロッパーのアヤラ・ランドは7.4%安となった。

バンコク市場では、エネルギー株主導で相場が押し上げられた。石油・ガス最大手のPTTPTT.BKは1.8%、同社子会社のPTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTE)PTTE.BKは1.3%それぞれ上昇した。


13日の米国株式市場〜東京株式市場の動向はは以下の通り。

[ニューヨーク 13日 ロイター] 米国株式市場は上昇。最近の指標で、米経済の
リセッション(景気後退)入りの可能性が示されるなか、1月の米小売売上高が予想外に
増加し、個人消費が持ちこたえていることが示されたのが背景。
ダウ工業株30種.DJIは178.83ドル(1.45%)高の12552.24ドル。

[東京 14日 ロイター] 東京株式市場で日経平均は3日続伸し高値引け。上げ幅
は550円を超え今年最大となった。1月の米小売売上高が予想外の増加となったほか、
日本の2007年10─12月期実質国内総生産(GDP)が前期比プラス0.9%と事
前の市場予想を上回ったことで景気減速懸念がいったん後退。為替が円安方向に振れたほ
か、他のアジア株が上昇したことも好感され、先物を中心にショートカバーが入った。
日経平均株価の終値は13626.45円(前日比+558.15円)


kazzです。 
前日の米国株式市場の上昇と国内のGDPがプラス事などの好材料を受け日経平均は550円超の大幅上昇!!この上げ幅には正直驚きました。
タイSETも寄り付きで急上昇!午前中は高値圏で推移していましたが、午後からは急激に下降線を描き、一時は前日終値まで戻してしまいました。
大引けには何とか小幅ながら続伸して終了しています。

景気減速懸念は後退したり再燃したりと忙しいですね。素人考えながら、私はこれから景気減速が表面化してくると予測しています。早ければ3月、遅くても4月の第一四半期の決算発表が出揃うころにはSET指数も750ポイントくらいまで落ちることを予測していますので、そうなった時にまたタイ株を仕込んでみたいですね。


ここからはタイのニュースをお伝えします。

バンコク都民の半数が新内閣を支持バンコク週報より

私立バンコク大学が実施した世論調査で、バンコク都民の約半数が新内閣を支持しているとの結果が出た。

1205人を対象に先日、行われた同調査では、「新内閣不支持」は35%に止まった。

また、閣僚の信頼性(10点満点)では、ミンクワン副首相兼商業相が5.5でトップ。次いで、スウィット副首相兼工業相の5.3、サマック首相兼国防相とソムサク農相が5.2となった。

低価格コンドミニアム、コストが収益圧迫バンコク週報より

建築材の値上がり、不動産関連法改正、緑化保護強化などの影響により、好調な売り上げにもかかわらず低価格コンドミニアムの建設を着工できないディベロッパーが増えている。

1平方メートルあたり3万バーツのコンドミニアムの建築コストが2万バーツ程度にまで膨れ上がるケースも続出しており、当初の計画見直しを余儀なくされている業者が多いという。

しかし、その一方で、ハイマージンの高級コンドミニアムにはこうした影響は出ていないとのことだ。

不動産情報センターの調査によると、2007年末現在、首都圏で売りに出されているコンドミニアムの数は1157プロジェクト、23万1164部屋以上となっている。

タイでもついに運転中の携帯の使用が禁止になります。タイ在住の方はご注意を!

運転中の携帯電話、5月から禁止newsclip.beより

【タイ】タイで自動車を運転中の携帯電話の使用が5月8日から禁止される。罰金は400―1000バーツ。ハンズフリー機器を使った通話は認められる。

警察は運転中の携帯電話使用の取り締まりに向け、証拠写真撮影用の小型デジタルカメラを購入する計画だ。予算は500万バーツ。

1月の消費者信頼度、過去10カ月で最高=タイ商業会議所大学調査newsclip.beより

【タイ】タイ商業会議所大学がまとめた1月の消費者信頼度指数(100以上で好感)は昨年12月から0.8ポイント上昇の78.1で、3カ月連続して上昇し、過去10カ月で最高となった。昨年12月の下院選挙の実施とその後の民政移管が好感されたもよう。

不動産部門は5〜10%の成長予想アジアンバリューより転載

08年の不動産ビジネスは年率5〜10%の成長が予想される。要因は金利の低下と政府がメガプロジェクトの一環として9路線の鉄道敷設事業を推進しているためだ。

政府住宅銀行のSamma Keetasin不動産情報センター長は「金利はアメリカなどの海外市場と連動してわずかに下がっていく傾向にあるので、不動産部門は拡大する余地がある」と語る。

またSammaセンター長は「9路線の鉄道敷設事業に加え、新たな地下鉄敷設計画も不動産部門への投資を増加させている。新世代の消費者は通勤時の利便性を求めることから、マンション計画はまだ関心を集め続けるだろう」と言う。

そして、サマック首相が意図するように鉄道計画が都市周辺エリアへと拡大されれば、一戸建やタウンハウスは今以上に注目を集めることになるだろう。Sammaセンター長は「上昇する建築資材価格と連動して住宅価格も上がっていくだろう」と予想している。

出所:e-news 2月13日


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ



相場師ブログランキング

JUGEMテーマ:ニュース


at 23:33, kazz, 市場の動き

comments(0), trackbacks(8)

スポンサーサイト

at 23:33, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://thai-stock.jugem.jp/trackback/112
株稼げる方法, 2008/04/16 7:28 AM

驚異の株必勝法とは?

住宅ローン控除, 2009/06/13 11:39 PM

住宅ローン控除

景気対策, 2009/07/19 6:43 PM

景気対策

不景気をぶっとばせ, 2009/07/20 2:50 AM

不景気をぶっとばせ

パチンコ業界 景気, 2009/07/20 9:01 PM

パチンコ業界 景気

国民年金保険料, 2009/07/26 4:18 PM

国民年金保険料

内国為替 外国為替, 2009/08/18 8:06 AM

内国為替 外国為替

外国為替 ドル, 2009/08/18 8:44 AM

外国為替 ドル