smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ホンダ、タイからの昨年輸出2割増・1000億バーツ | main | 東南アジア市場は全般に下落 米の景気後退が現実味を帯びてきました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

SET指数800ポイント回復! 明日東京ではG7が開幕


SET指数(情報提供ユナイテッド証券

本日のSET市場動向

SET指数 806.44 前日比+13.27(+1.67%) 高値806.47 安値795.86

売買代金(百万バーツ)12,038.111 出来高(千株)3,249,174

値上銘柄数258 変わらず91 値下銘柄数90

売買代金上位銘柄 売買代金(千バーツ)
PTT 771,845 現在値318.00(前日比+8.00) 
BANPU 760,020 現在値452.00(前日比+12.00)
PTTAR 577,487 現在値38.50(前日比+0.75)

出来高上位銘柄 出来高(株)
BLISS 405,254,500 現在値1.04(前日比-0.36)
BLISS-W1 213,611,800 現在値0.38(前日比-0.10)
SAM-W1 164,029,300 現在値1.50(前日比+0.40)


ここからはロイターのレポートから

タイ・ホットストック=セントラル・パタナが高い

[バンコク 8日 ロイター] 8日午前のバンコク株式市場は反発し、SET指数.SETIは0344GMT(日本時間午後零時44分)時点で12.65ポイント(1.59%)高の805.82となっている。

 以下の銘柄が注目を集めている。

◎小売り・不動産のセントラル・パタナCPN.BKが3.48%高の25.25バーツ。タイ中央銀行(BOT)が資本規制を解除すれば恩恵を受けるとの見方から、一時は4営業日ぶり高値の25.50バーツをつけた。サイアム・シティー・セキュリティーズはセントラル・パタナ株の投資判断を「バイ」としている。

◎セメント大手のサイアム・シティー・セメントSCCC.BKは1.69%高の240.00バーツ。ただ、同社が発表した2007年の純利益は17.5%減の32億バーツとなり、市場予想を下回った。

◎タイ新政権がインフラ事業への投資を拡大するとの思惑から、建設株指数.SETCOは0.39%上昇した。イタリアン・タイ・デベロップメントITD.BKは2.27%高の9.00バーツ、CHカーンチャンCK.BKは3.01%高の8.55バーツ、 シノ・タイ・エンジニアリングSTEC.BKは1.68%高の6.05バーツ。


7日の米国株式市場は4日ぶりに反発。割安感から買いが入ったようで、NYダウの終値は12247.00ドル(前日比+46.90)となりました。
東京株式市場では、日経平均が反落。取引開始前のロイターの『今日の株式見通し』では米国株高や円安受け値ごろ感からの買いが入ると予想されていたのですが、一時13000円を割り込み、終値は13017.24円(189.91円安)で取引を終了しました。

アジアの株式市場は旧正月で休場の所が多く、11日から取引再開となります。

タイのSETは13ポイント以上上昇。800ポイントを回復しましたが、世界経済は不透明な状況に変わりはなく、今後も不安定な値動きが続きそうです。

明日、東京でG7が開催されます。発表される声明によって株価や為替に影響が出そうですね。


ここからはタイのニュースをお伝えします。

新財務相、「安定より成長を優先」バンコク週報より

スラポン財務相は2月7日、低所得者層の購買力アップと大型公共投資計画で国内消費を活性化し、これを経済成長につなげる、との方針を明らかにした。また、経済の安定化より成長を優先するとの考えも示した。

しかし、同財務相は、先に外国メディアに「最優先」と説明していた外資流入規制の解除には直接言及せず、来週にもタリサ・タイ中銀総裁と話し合う、と述べるにとどまった。

このほか、「消費促進には不可欠」として、タクシン政権が導入した大衆迎合策を復活させる意向を再確認した。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ



相場師ブログランキング

JUGEMテーマ:ニュース


at 23:24, kazz, 市場の動き

comments(1), trackbacks(4)

スポンサーサイト

at 23:24, スポンサードリンク, -

-, -

comment

突然初めまして。アジアンバリューのスタッフです。ブログを見て興味をもちました。また弊社についてもご紹介いただきありがとうございます。ついてはぜひ連絡をとりたいと思ったのですがkazzさまのアドレスが見当たりませんのでこちらに書き込みました。差し支えなければメールをいただければと存じます。しかしゆえあってコミュニケーション不要と判断されているなら、不要です。ご検討よろしくお願い申し上げます。










trackback
url:http://thai-stock.jugem.jp/trackback/107
-, 2009/03/16 5:59 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

半導体 景気, 2009/07/20 12:59 AM

半導体 景気

景気 指標, 2009/07/20 6:40 AM

景気 指標

経済 景気, 2009/07/20 5:27 PM

経済 景気