smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
profile
                                                  アマゾン書籍検索                                                   
recommend
recommend
recommend
recommend
Google Adsence
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキング
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

人気ブログランキング
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

タイ株の取引

ご訪問ありがとうございます。
さて今回は、タイの株について詳しくお話いたします。

◆売買単位◆
タイの取引は日本の単元株よりわかりやすくなっています。日本では1株から1000株までさまざまな単位があり、とてもわかりづらくなっています。
タイの取引ではすべての株が 100株単位となっています。
例外ですが500バーツ以上の値段かつ6ヶ月以上継続した場合、証券取引所の告示により、50株単位に引き下げられることがあります。

先日お話したように、タイ株は100株単位で取引できますので、少ない資金から投資ができます。例えば、2007年6月現在10バーツの株を100株買うと1,000バーツで日本円で約3,500円です。
大手通信サービス会社のADVANCは2006年2月の時点で株価が約96バーツでしたが、1バーツ3.5円計算で33600円でタイの大手通信会社の株主になれます。日本でもお馴染みのセブンイレブンの株価は2006年2月の時点で6.60バーツ。バンコク市内ではどこにでもあるという程の店舗数を誇り、田舎でもちょっとした小さな街になら見かける事が多くなった位に店舗数が増えています。金融機関や通信会社と提携して次世代の電子マネーの開発にも携わっている将来性のある会社の株が2300円程で購入可能ですし、1000株買っても23000円程です。

◆タイ株の種類◆(タイには3種類の株が取引されています)

そもそもタイに投資するということは、タイからすると私たちは外国人投資家となります。そのためいろいろと制約があります。その中でも特に重要となっているものがローカル株、フォーリン株、NVDRというものがあります。そこでそれらをこれから紹介していきます。

【ローカル株】
普通の制約がない株です。基本的にはタイ国内の投資家向けである。ただし外国人投資家が買うと議決権、配当などのの権利がなくなります。

【NVDR(議決権なし保護預託証書)】Non-Voting Depository Receipt

議決権がない外国人向け株式となっています。それ以外の配当、株主割当増資、新株引受権の権利が保証されています。これは2001年に作られた外国人投資家向けの株式です。日本人には関係ありませんが、タイの方がこれを買うと議決権、配当などの権利がありません。

【フォーリン株】

外国人向けの株で、総株式の49%までを保有出来る株です。NVDRができる以前は外国人投資家はこの株しか買うことができませんでした。銘柄コードに(-F)がついています。これはローカル株と同じであるがローカル株に比べて割高となっています。また流動性がないため注文をしてもなかなか取引成立するのが難しいものとなっています。

NVDRとローカル株の唯一の相違点は決議権です。ローカル株保有者と異なりNVDR保有者は企業経営に関わる決定に関与できません。しかし、決議権以外は配当・権利やワラント等のすべての金融恩恵を受けることができます。NVDRは主に外国人投資家に対する制限を緩和することが目的で作られた証券です。私たち外国人はこのNVDRを購入することが一般的ですし、金融機関も外国人にはNVDRの購入を推奨しています。

       ローカル株  フォーリン株   NVDR
ボード     ローカル   フォーリン  ローカル
決議権(タイ人) ○       ×     ×
決議権(外国人) ×       ○     ×
配当(タイ人)  ○       ×     ○
配当(外国人)  ×       ○     ×
流動性      ○       ×     ○

◆呼値単位◆
呼び値(よびね)とは、主に株式や債券を取引所で取引する際に、意思表示された取引の希望価格のことである。特にいくらで買うという買い注文の呼び値を買い呼び値、いくらで売るという売り注文の呼び値を売り呼び値と表現する。
証券取引所での株取引においては株価に応じた呼び値単位が定められており、この単位より細かい価格の指定はできない。例えば呼び値単位が100円の価格帯では、52,000円の次は52,100円であり、52,050円といった価格では取引できない。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用】

基準価格 呼値単位
2バーツ以下        0.01バーツ
2バーツ〜5バーツ     0.02バーツ
5バーツ〜10バーツ    0.05バーツ
10バーツ〜25バーツ   0.10バーツ
25バーツ〜50バーツ   0.25バーツ
50バーツ〜100バーツ  0.50バーツ
100バーツ〜200バーツ 1.00バーツ
200バーツ〜400バーツ 2.00バーツ
400バーツ〜800バーツ 4.00バーツ
800バーツ以上      6.00バーツ

◆タイの税金◆

キャピタルゲイン税についてはありません。
また配当金については現地にて配当受取時に10%源泉徴収されます。

タイは現在高度経済成長を続けている国です。そのため急成長を続けていくために、資本が必要になってきます。そのため外資を集めるために、外国人に対する税金を優遇しています。そのためこのような税金体系になったのです。
タイ株ポータル&海外投資SNSより引用】

このようにタイ株の譲渡益につきましては税金はかかりませんが、日本居住者の場合は円建てで確定申告する必要がありますのでご注意下さい。

売買手数料に関しましては、各証券会社によって違いはありますが、タイ国内の証券会社のほとんどは約定代金の0.25%となっています。ネット取引ならタイ国内のSAEMICO証券が0.15%と格安です。ちなみに日本のように一日の約定代金から手数料を取るという証券会社はありません。そのため一取引ごとに手数料がかかります。

売買単位・種類・税金などタイ株のことが大分わかってきました。

※まだまだタイ株初心者のKAZZです。アジア株・タイ株の諸先輩の方々、当ブログをご覧になって頂いて間違いの指摘やご指導など御座いましたら宜しくお願いいたします。





at 21:46, kazz, タイ株の基礎知識

comments(0), trackbacks(3)

タイ株について

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
今回は、タイの株についてお話いたします。

身近な日本の市場ではなく、あえてタイの株式に投資する魅力とはどんなものでしょうか?

タイ株の魅力にはいくつかあります。
(1) 経済の発展がまだ続く可能性がありますので、今後の株価上昇に期待大
(2) バーツ高による為替差益と株価上昇の相乗効果が期待できます。
(3) 海外分散投資をする事によるリスク軽減(円暴落など)
(4) タイ旅行に来ても、為替を気にせず旅行を楽しめる
(5) 日米市場と比べてタイ市場は小さい規模の為、株価が割安である。
(6) 値幅制限が上下限30%。他のアジア諸国(上海証券取引所10%・韓国証券取引所15%)と比べても株価急騰が期待できる
タイ株ドットコムより引用)

◆アジアトップクラスのPERの低さ◆
1株に対して利益がどのくらいあるかを示す指標がPERで、その数字が低ければ低いほど株価が低く割安です。株価自体が割安であるのもタイ市場の大きなポイントでしょう。タイのPERは、6.0倍。日本が26.6倍であることを考えると、利益は出ているが、株価は安い、ということとなります。
タイはここ数年間、年率4%以上もの経済成長を続けており、主要な企業の業績も上昇しています。
しかし、タクシン政権末期からクーデターにより暫定政権の誕生までの間で、国内、外国の主要な投資家が株式市場から資金を移し、株価は長らく安値で推移しています。
しかし、暫定政権の期間はもともと1年とされており、2007年秋には新政権が誕生することが予定されています。そうすると、タイ版日本列島改造のような、1兆バーツを超える大型開発「メガプロジェクト」や、中国とタイ、インド、マレーシアなどが縦横に結びつく「アジアスーパーハイウェイ構想」などの大きなプロジェクトも進むことが予想され、今後の株価上昇が期待できる展開となっていくことでしょう。

◆極めて高い配当◆
配当は、企業が株主に利益を還元するもので、株主を重視しているかどうかを表すものですが、タイはもともと資本家寄りの政策をとっているため、きわめて高い配当性向となっています。
タイ証券取引所によると、利益の50%は株主に回るのは当たり前で、なかには60%以上も株主へ利益還元する企業も。

こうしたことから、配当利回りも高く、全銘柄の平均が6%、なかには15%以上も配当を出す企業もあり、値上がり益とは別に、保持しているだけでも高い利益を享受することができます。

◆さまざまな金融商品が上場される成熟した市場◆
タイ証券取引所には、ワラント債(新株予約権付社債)やREIT(不動産投資信託証券)などの金融商品なども上場されています。
とくにREITは、バンコクを中心にオフィスビルやコンドミニアムへの需要が高まっており、不動産価格の上昇が始まってきています。
現在、不動産ファンドの上場数は13銘柄ありますが、上場企業が組成しているファンド 4銘柄などは注目されてきています。
暫定政権から新政権への政権移譲が予定されている今年は、本格的な開発への予算執行が予想され、
さらに地価が高騰することが予想されることから、現在も5本あるREITは、タイ国内の投資家からも注目されています。
このように、海外からの投資家が安心して投資できる環境が、タイ証券市場には整っています。
ASIAN VALUE.COMより引用)

PERの低さについては色々なタイ株関係のサイトや書籍で注目点として挙げています。
      東証一部  タイSET市場 ベトナム市場(ホーチミン) 上海B株
平均PER    19.57     8.32       32           12.2
タイ株ドットコムより引用)


※PERについてはこちらで詳しく解説しています※
PERのやさしい説明
PERとは

また後日詳しく書きますが、タイ株は100株単位で取引できるので、お小遣い程度の小額から投資が始められます。まずは小額から始めてタイ市場の流れがわかるようになってから本格的な投資を考えてみる事が可能です。

このように見ていると、いい事ずくめに感じるタイの株式ですが、不安な点もお伝えしなければなりません。

タイ株ドットコム様のページにも
(1) クーデターでタクシン政権が失脚して現在は軍事政権
(2) 軍事政権が経済政策を後退させている
(3) タイ南部独立のテロが続発(まず日本人で南部に行く人はいませんが)

という事が書かれていますし、パンローリング株式会社から出版されている石田和靖さん著『タイ株投資完全マニュアル』でも原油の輸入依存度の高さを指摘していて、現在の原油高は、タイの経済・産業の成長に影響を及ぼす心配もあります。

ここの所の政治情勢も、タクシン前首相絡みの問題などで、元タイ愛国党党首代行、新党結成を準備というニュースや、総選挙までは政情不安が続くという声も多く上がっていますが、総選挙後のタイの新体制が安定してくれば順調な経済成長を遂げて行く事でしょう。

次回はタイ株について詳しくお話いたします。





at 02:28, kazz, タイ株の基礎知識

comments(0), trackbacks(7)

タイの株式市場について

ご訪問ありがとうございます。タイ株入門者のKAZZです。
今回は、タイ株の基礎知識、タイの株式市場についてです。
タイの株に興味を持った私が、ネットや書籍で調べてわかった事をご紹介致します。

タイの株式市場には日本の東証一部、二部のような取引所があります。

◆タイ証券取引所【SET(Stock Exchange of Thailand)】◆
タイの証券取引所は首都バンコクにあり、1974年に開設され、2007年1月現在の上場企業数は470社を超えています。
東証1部と同じように、企業規模が大きく、事業が3年以上継続している企業が上場しています。
SETの代表的指数であるSET50やSET100は、このなかでも優良企業のそれぞれ50社、100社が選ばれ、指数を構成しています。
時価総額は約15兆円にのぼり、平均取引額は、1日あたり約500億円となっています。
東京証券取引所や香港証券取引所に比べるとまだまだ規模は小さな市場ですが、今後大きな発展が見込まれる市場です。
※SET指数とは※
タイの株式市場にも日本同様に全体の動きをまとめた指数が存在します。SET指数がその一つです。この指数は1975年4月30日の株価を100として、メインボードの普通株の時価総額を基に新規上場・廃止を調整して算出しています。時価総額が大きい企業が市場に影響を与えることを考えると日本のTOPIXのような存在です。
2007年6月14日現在、SET指数は720〜730となっています。
1975年4月30日の株価から7倍以上になっているという事になります。

◆二部市場(MAI)◆
事業規模が小さい企業はまず、二部から上場します。
日本で言う、いわゆる新興市場です。将来性があるものもある反面、すぐに倒産するリスクもSETに比べて高いため、外国人投資家には、不向きといえます。

◎SET 約470社 資本金3億バーツかつ事業継続3年以上

◎MAI 39社 資本金2000万バーツかつ事業継続2年以上

SETは日本の東証一部、そしてMAIは東証マザース(新興市場)のようなものです。

■取引時間■
プレオープンセッション 9:30〜T1
T1とは9:55〜10:00の間に、ランダムに選ばれた時間である。投資家が注文を寄せる時間帯であり、全ての注文を整理し、寄り付き始値を決める時間帯。

午前中の取引時間帯(前場) T1〜12:30

休場(昼休み) 12:30〜14:00

午後の取引時間帯(後場) 14:00−T2
T2とは14:25〜14:30の間に、ランダムに選ばれた時間である。ランダムに選ばれた時間である。投資家が注文を寄せる時間帯であり、全ての注文を整理し、後場寄りの始値を決める時間帯です。

16:30〜T3
T3とはの16:35〜16:40間に、証券取引所によりランダムに選ばれた時間帯。全ての注文を整理し、終値を決める時間帯です。

大引け  17:00

このように取引時間が複雑になっていますが、簡単に説明すると以下のようになります。

前場:10:00頃〜12:30(日本時間 12:00頃〜14:30)

後場:14:30頃〜16:30(日本時間 16:30頃〜18:30)

タイ標準時=日本標準時−2時間=世界標準時+7時間(日本とタイの時差は2時間で、タイの方が2時間遅れています)

今回はタイの証券取引所についてご説明をさせて頂きました。
次回はタイ株の種類・特徴・取引単位などについてお話させて頂きます。
タイ株のことをもっと知ってタイの投資のへのご参考になさって下さい。




at 05:32, kazz, タイ株の基礎知識

comments(0), trackbacks(0)